糖尿病とは

糖尿病とは簡単に言うと血糖値が高くなる病気

糖尿病とは簡単に言うと血液中の血糖値が高くなる病気です。

血糖値とは血液の中にどのくらいブドウ糖があるかという数値のことです。

食べ物や飲み物は消化されると最終的にはブドウ糖に分解されます。

ブドウ糖は血液中を通し体の細胞の中に運ばれ、筋肉や内蔵などのエネルギー源として使われます。

ところが内蔵や筋肉などのエネルギー源となるブドウ糖がうまく細胞に運ばれなくなると、血液中にブドウ糖があふれてしまい血糖値が高くなってしまうわけです。

ブドウ糖が内蔵や筋肉などの細胞に運ばれなくなると体のエネルギーは不足してしまいます。

血液中でブドウ糖を細胞にうまく運ぶには血糖値を下げる必要があります。

人間の中で作られるホルモンの中で唯一血糖値を下げる働きをするのがインスリンというホルモンです。

インスリンは、すい臓という臓器で作られるホルモンなんですが糖尿病になるとインスリンの分泌が正常に働かなくなるため血糖値をうまく下げる事ができなくなります。

糖尿病という字からすると、糖が尿に出てしまう病気と想像してしまいますが、筋肉、内蔵などにブドウ糖という大切なエネルギー源が行かなくなり、体のエネルギーが不足してしまうという恐ろしい病気です。

糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常や他の病気が原因となるもの、妊娠糖尿病などのいくつかの種類があります。

 

サイトマップ