糖尿病 種類

糖尿病には大きく分けて4種類のタイプがあります

糖尿病には原因別に分けると大きく4種類あります。

●1型糖尿病

膵臓(すい蔵)がインスリンをほとんど作らなくなるためにインスリンの量が絶対的に足りなくなってしまうために起きてしまう糖尿病です。

ウイルス感染や自己免疫反応の異常などで膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されてしまうために起こります。

膵臓がインスリンを作らなくなってしまうため、インスリン注射などの治療が必要です。

10代の頃に発症することが多く、日本では発症率が2型糖尿病に比べ圧倒的に低いようです。


●2型糖尿病

2型糖尿病はインスリンの出る量が少なくなってしまうか、肝臓や筋肉などの細胞がインスリンをあまり必要と感じなくなってしまうために起こる糖尿病で日本の糖尿病患者の95%以上はこのタイプです。

運動不足や食事などによる肥満やストレス、喫煙など生活習慣が関係している場合が多いとされています。

また両親や親戚に糖尿病の人がいる場合に発症する可能性もあるなどの遺伝的要因もあると言われています。


●遺伝子の異常や他の病気が原因となる糖尿病

特定の遺伝子の機能異常や、膵臓、肝臓などの病気、免疫の異常や感染症などが原因とされる糖尿病。

発症頻度はきわめてまれで比較的若い年代に発症すると言われています。


●妊娠糖尿病

妊娠中にのみ血糖値が高くなるという状態を妊娠糖尿病と呼びます。

2型糖尿病とは異なる病気で一般的には出産すると血糖値は改善するようです。

もともと糖尿病だった女性が妊娠した場合は糖尿病合併妊娠と呼んでいます。

 

サイトマップ