糖尿病網膜症

糖尿病の目の合併症 糖尿病網膜症になると失明することもあります

糖尿病の3大合併症のひとつに目の合併症 糖尿病網膜症があります。

糖尿病網膜症を簡単に説明します。

血糖値が高くなると血管に負担がかかり血液の流れが悪くなってきます。

血液の流れが悪くなってくると、目の中の血管が徐々に詰まってきて細かい血管が密集している網膜に栄養や酸素が届かなくなります。

そうすると目の網膜に新しい血管が出来て、酸素や栄養を取り込もうとします。

しかし、新しく出来た血管はとてももろく、ちょっとした刺激で出血を起こしてしまいます。

そして出血がひどくなると網膜剥離になって失明したりするのです。

糖尿病網膜症は症状の進行度合いによって3つの段階があります。

●単純網膜症

網膜内の血流が悪くなり始めた初期の段階です。

血管の壁から血液が染み出した点状・斑状出血や毛細血管の一部がコブのように腫れる毛細血管瘤(りゅう)という症状があらわれます。

単純網膜症の段階では自覚症状がないので精密眼底検査を受けていなければ気が付かないケースがほとんどです。

治療としては、血糖値を下げること、網膜循環改善薬などの内服で進行を防ぐことが出来るようです。


●増殖前網膜症

血管が詰まってきて網膜の一部に血液が流れていない部分が出来てくる段階です。

自覚症状はあまりないようですが、視力はかなり落ちてきます。

治療としては、血糖値を下げること、またはレーザー治療やレーザー手術があります。


●増殖網膜症

増殖網膜症の段階になると、網膜の血液が流れていない部分に酸素や栄養をなんとか送り込もうとして新しい血管(新生血管)が伸びてきます。

この新しい血管(新生血管)はとてももろく出血しやすい血管で、網膜の表面や硝子体に出血が広がると視力の極端な低下や網膜剥離を起こし、失明してしまうこともあります。

そのような状態になると硝子体手術などの治療が必要となってきます。


父の場合は目が白内障になり視力の低下が前兆としてあらわれました。

だんだん白内障がひどくなり眼科で目の眼底精密検査を受けると増殖前網膜症の段階だったとわかりました。

しかし、増殖網膜症段階に近かったのか、レーザー治療をしましたが視力は回復しませんでした。

レーザー手術という選択肢もありましたが、高齢のため体力がないので手術はあまりすすめられないということで断念しました。

結局、増殖網膜症段階になり、視力はほとんどなくなり失明に近い状態になりました。

増殖網膜症は自覚症状がないので発見しにくい合併症です。

若くて体力のあるうちはレーザー手術や硝子体手術も可能ですが
父のように糖尿病神経障害で神経や筋力が衰えてきくると手術に耐えられる体力がなくなってしまいます。

もし糖尿病治療をしているなら定期的に眼科で目の検査を受けることが大切です。

 

サイトマップ