糖尿病食事療法

血糖値を上げないために 甘い糖質 単純糖質を極力避けるようにしよう

糖尿病の初期の治療としては食事療法と運動療法があります。

食事療法を考える時には糖質について考える必要があります。

血糖値を上げる糖質には甘い糖質の単純糖質と甘くない糖質の複合糖質があります。

甘い糖質の単純糖質は消化の手間がほとんどかからないため、すぐに吸収されやすく血糖値を急激に上げてしまいます。

単純糖質には砂糖、ブドウ糖、果糖(果物に含まれる糖分)があります。

砂糖はお菓子や大福、おまんじゅう、チョコレート、菓子パンなどの甘いものや清涼飲料水、炭酸飲料水にたくさん含まれています。

血糖値を上げないためにはこれらの砂糖を多く含む食品を極力避けるようにしましょう。

また、清涼飲料水や缶コーヒーにはたくさんの砂糖が含まれています。

特に砂糖がたくさん入っている缶コーヒーは要注意です。

微糖といっても砂糖は含まれているので缶コーヒーを飲むなら砂糖の入っていないブラックにしましょう。

炭酸飲料水は飲んだらスカッとしますが、砂糖が多く含まれています。

スカッとしたいのなら砂糖の入っていない炭酸水にするのがおすすめです。

またスポーツドリンクにも砂糖が含まれているものもあるので注意が必要です。

 

サイトマップ