糖尿病 食事療法

家族と別メニューを作るときに活躍するのがシリコンスチーマー

家族に糖尿病の人がいて食事療法やカロリー制限をする場合に問題になるのが、家族と別メニューで食事を作ることです。

父の場合、糖尿病が進んで腎不全になった時、減塩、低タンパク、低リン、低カリウムの食事メニューにする必要がありました。

そうすると、父の食事だけ別メニューで作ることになります。

最初のうちは、魚を焼くにしても塩味のない生魚にしたり、野菜の煮物を作るにしても塩分を控えた薄味にしたり食事メニューを考えるのは大変でした。

viv シリコンスチーマー

そこで考えたのがシリコンスチーマーを使って料理を作ることでした。

シリコンスチーマーを使うと、蒸し野菜をレンジですぐ作ることが出来ますし、生魚の切り身を入れて蒸すことも出来ますし、何より料理の時間を短縮することができます。

魚、鶏肉、野菜などなんでもシリコンスチーマーを使ってレンジでチンをし、後は減塩だしわり醤油や減塩ドレッシングなどで味付けをすることで簡単に父のメニューを作る事ができました。

また、シリコンスチーマーを使えばご飯から簡単にお粥を作ることもできます。

シリコンスチーマーにご飯を入れ、ご飯が隠れるぐらい水を入れます。

後は500ワットでしたら4分から5分ぐらいでお粥が出来上がります。

水加減とレンジの時間調整でお好みのお粥を作ることが可能です。

白米や玄米粥専用の炊飯器を別購入することも必要ないので、経済的にも時間的にも助かります。

本やネットでもシリコンスチーマーのレシピはたくさんあるのでぜひ活用しましょう。

シリコンスチーマーは輸入品の高額のものもありますが、ホームセンターなどで販売している安いもので十分です。


 

サイトマップ