糖尿病 薬

糖尿病の薬物治療に使う薬にはいくつかの種類があります

糖尿病の治療には食事療法や運動療法のほかに薬物治療があります。

糖尿病の薬物治療に使う薬にはいくつかの種類があります。


●SU剤(スルホニル尿素剤)インスリン分泌促進薬

SU剤は糖尿病の薬の中では最も一般的に使われる薬です。

SU剤はインスリンを合成する膵臓(すい蔵)に働きかけて、インスリンの分泌を促進させる薬です。

商品名としてはオイグルコン、ダオニール、グリミクロン、アマリールなどがあります。

副作用としてはインスリン過剰分泌による低血糖です。

低血糖をうまく認識できない高齢者に方には注意が必要です。


●フェニルアラニン誘導体 速効型インスリン分泌促進薬

フェニルアラニン誘導体 (グリニド系) の薬は速効型インスリン分泌促進薬と言われ、

SU薬と同様に膵臓(すい蔵)に働きかけインスリンの分泌を促進させる薬です。

フェニルアラニン誘導体は即効性はあるけれども、持続時間は短く数時間で作用の力はなくなります。

短時間の働きなので低血糖にはなりにくい薬です。

商品名にはファスティック、スターシス、グルファスト、シュアポストなどがあります。

糖尿病性腎症が進んで腎機能が低下している人は低血糖を起こしやすいようです。


●BG剤(ビグアナイド剤)インスリン抵抗性改善薬

BG剤は、肝臓に働きかけ糖の新生を抑え、筋肉への糖の取り込みを促進する薬です。

インスリン抵抗性改善薬のため体重は増えないか減少する傾向にあるため、肥満タイプで食事療法をしている方に向いていると言われています。

副作用としては胃腸障害などです。

商品名としてはメルビン、シベトスなどがあります。


●αグルコシターゼ阻害剤(αGI剤) ブドウ糖吸収阻害薬

αグルコシターゼ阻害剤は、でんぷんや糖質の分解を抑えてブドウ糖の吸収を遅らせて食後の急激な血糖値の上昇を抑える薬です。

食後過血糖改善薬とも言われ、食事以外の高血糖の治療には向いていません。

副作用としては膨満感、腹部不快感、下痢などがあります。

商品名としてはグルコバイ、ベイスン、セイブルなどがあります。


●TZD剤 チアゾリジン系インスリン感受性改善剤

インスリン抵抗性改善薬とも言われ脂肪組織、筋肉へのブドウ糖取り込みの促進、肝臓での糖新生を抑える薬です。

副作用としては貧血、むくみなどがあります。

心臓病のある方には向いていない薬です。

商品名にはアクトスなどがあります。


●ジペプチジルペプチターゼDPPIV阻害薬 

消化管ホルモンには、インクレチンというインスリン分泌を促進するホルモンがあります。

ジペプチジルペプチターゼDPPIV阻害薬はインクレチンを分解してしまうジペプチジルペプチターゼDPP-4という酵素の働きを阻害してインクレチンの血中濃度を上昇させインスリン分泌を促進させるという薬です。

体重増加が起こりにくく低血糖による副作用は少ないとされますが、新しく開発された薬剤なので副作用はあまり報告されていないようです。

商品名にはジャヌビア、グラティブ、エクア、ネシーナなどがあります。

 

サイトマップ