糖尿病 脂肪摂取

糖尿病予防のために摂取したいのはオメガ3脂肪酸とオレイン酸

糖尿病予防のための脂肪摂取について紹介します。

3大栄養素の脂質には糖質やタンパク質の2倍以上のカロリーがあります。

ですから糖尿病のカロリー制限には脂肪摂取のし過ぎに注意をする必要があります。

油にはいろいろな種類があります。

料理に使うサラダ油、紅花油、大豆油、肉、魚、ナッツなどに含まれる油、マーガリンなどに含まれる油などがあります。

糖尿病の予防のために控えたい脂肪はリノール酸とトランス脂肪酸です。

リノール酸はコーン油、紅花油、大豆油などに多く含まれています。

リノール酸を多く摂取しるぎると善玉コレステロール・HDLを下げてしまい脳梗塞や心臓病の原因になるといわれています。

リノール酸は必須脂肪酸ですが、1日1gから2gを摂取するだけで十分だと言われていますが、その何倍も摂取している人は多いと思います。

またマーガリン、ショートニングなどに含まれる合成されたトランス脂肪酸は摂取しすぎると血管を傷つけてしまい、心筋梗塞や心臓病などの原因になるといわれています。

摂取したい脂肪酸はオメガ3脂肪酸とオレイン酸です。

オメガ3脂肪酸は、α-リノレン酸(ALA) エイコサペンタエン酸(EPA) ドコサヘキサエン酸(DHA)の3つです。

α-リノレン酸(ALA)は体内では合成できない必須脂肪酸で、動脈硬化の予防、アレルギー予防、免疫機能の改善に役立ち、ホルモンや細胞膜の原料にもなります。

亜麻仁油(アマニ)、エゴマ油、キャノラー油などに豊富に含まれています。

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)はサンマやいわし、サバなどに多く含まれている不飽和脂肪酸で、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにすると言われています。

オレイン酸はピスタチオなどのナッツやオリーブオイルに多く含まれていて、酸化しにくく血液中の善玉コレステロールを上げて悪玉コレステロールを減らすと言われています。

糖尿病予防のためにはマーガリンやお菓子などに含まれるトランス脂肪酸の摂取を控えて魚やナッツに含まれるオメガ3脂肪酸とオレイン酸を摂取しましょう。

 

サイトマップ